TOPページ » おはなし, お知らせ » 徹底的に患者の話を聞く(症例=不安神経症) パート5

おはなし, お知らせ

徹底的に患者の話を聞く(症例=不安神経症) パート5

2016年2月24日 投稿者:小松医院

こうしているうちに、Yさんのお母さんが病気になって長期入院することになりました。
 入院している間、Yさんの妹さんは一生懸命お母さんの看病をしているのに、Yさん本人はどうしてもお母さんのお見舞いができませんでした。「僕は本当に良くない、いや悪い人間です」とまたポロポロ涙を流します。気持ちのうえではお母さんを看病しなければと思い、実際に何度も病院に行こうとしたそうですが、病院に向かう途中で不安が襲ってきて、どうしても病室まではたどり着けなかったそうです。

                                                                   山形県 山形市 長町 心療内科 小松医院

ページのTOPへ