TOPページ » おはなし » 意識せずに自然と、親から受けた傷を繰り返し求めてしまう心

おはなし

意識せずに自然と、親から受けた傷を繰り返し求めてしまう心

2016年7月9日 投稿者:小松医院

今日は、幼少期に受けた傷が無意識の中で人の人生を支配しかねない例についてお話したいと思います。

20代の若い女性の話です。
付き合っている恋人に異常な束縛を受け、彼と別れたいけれど別れられないと話す彼女。
私は尋ねました。
「拘束されるのがとても辛いんだね。あなたは兄弟の何番目?」
彼女は答えます。
「四人兄弟の一番上、長女です。」

私はしばし考え、話をきり出しました。
「小さい頃、ご両親に束縛や干渉を受けて拘束されたような、そんな記憶はありませんか?」

彼女は少し驚いた表情を浮かべ頷いて答えました。
「・・・はい。はい、そうなんです。

子どもの頃からずっと習い事、勉強と、期待されて言われるがまま頑張ってきました。」

更に私は続けました。
「でも、評価を受けるのはいつも弟さんたちで、あなたはその頑張りを正当に評価されなかったと思いませんか?」

彼女の眼に涙が浮かぶのをみながら、私は彼女の幼少期からの傷と、

恋人との関係に、ある見解を見出しました。

彼女は続けました。
「ずっと、お姉ちゃんなんだから、と頑張りも何もかも当然のように思われて・・・

家に拘束されて辛かった・・・
だから、一緒にいてくれる人を探してやっと家から解放されて同棲をはじめたのに、

その人にも干渉されて束縛されて拘束されて、奴隷みたいに・・・・もうどうしたらよいか・・・」

人間は不思議なもので、幼少期から拘束され傷ついた経験を持つと、

拘束されるのを嫌がりながらも、無意識下で拘束されたがってしまう、拘束する人との関わりを選んでしまう傾向があります。

アルコール依存症の父親を持ち辛い幼少期を過ごした子どもは、

絶対に父のような人と結婚しない、または父のようにだけはなりたくない、そう思います。
しかし、実際、その傷が深い人であるほど、あれほど忌み嫌ったアルコール依存症の人を伴侶としてしまったり、自らがまたお酒に溺れてしまったりするのです。

別の健全そうな人を選んでも、なぜか程なくその人もアルコール依存症だったことに気づくという例が多いのです。

幼少期に受けた傷は、苦しみながらも何故かそれを求めてしまう、

そんな呪縛を作り、不幸なことにその連鎖が連綿と続くことがかなりの割合で起こります。

その傷を癒し、負の連鎖を断ち切るには長い時間とよき理解者、治療者を必要とし、無意識下の感情や傷との対峙が必要となります。
そんな人々との縁の中で、私が日々感じ考えたことを徒然に綴っていきたいと思います。

ページのTOPへ